> > Apple、サプライヤー110社以上が2030年までに再エネ100%へ

Apple、サプライヤー110社以上が2030年までに再エネ100%へ

Appleが新設したソーラーファーム California Flatsは、Apple Park屋上に設置した太陽光パネルと併せて、本社屋に電力を供給している(出所:Apple)

Appleは3月31日、同社のサプライヤー110社以上が、Apple製品の製造に使用する電力を100パーセント再生可能エネルギーに振り替えていくことを表明したと発表した。これにより約8GW分のクリーンエネルギーが調達可能になる予定で、CO2換算で年間1500万トン分の温室効果ガス削減に寄与するという。

同社は2020年7月、2030年までにサプライチェーンでカーボンニュートラル達成を目指すと発表した。再生可能エネルギープロジェクトに直接投資して温室効果ガス排出量を削減している他、カリフォルニア州において大規模なエネルギー貯蔵施設の建設を進めるなど、「再生可能エネルギーの社会基盤となる数々の新しいソリューションを先導している」(同社)。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 58 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.