> > 阪神タイガース、甲子園球場の試合でCO2をオフセット 7月9日から

阪神タイガース、甲子園球場の試合でCO2をオフセット 7月9日から

カーボンオフセットの取り組みイメージ(出所:大阪ガス)

大阪ガス(大阪府大阪市)、阪神電気鉄道(同)、阪神タイガース(兵庫県西宮市)は、阪神タイガースが主催するキャンペーン「ウル虎の夏」(7月9日~14日)の期間に、阪神甲子園球場(同)での同社主催試合で排出されるCO2を、J-クレジット制度を活用してオフセットする。兵庫県内の法人顧客から取得したクレジットを用いる。

阪急阪神ホールディングス(大阪市北区)が、2020年5月に公表した「阪急阪神ホールディングスグループ サステナビリティ宣言」で定めた6つの重要テーマのうち、「環境保全の推進」に基づく取り組み。阪神甲子園球場と阪神タイガースではこれまで、銀傘(球場の大屋根)への太陽光発電の設置や球場内で販売する飲料のプラスチックカップのリサイクルなどを推進してきた。今回は、従来の取り組みに加えて、大阪ガスによる賛同・支援のもとで行う。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 55 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.