> > 東電HD・山梨県ら、再エネ電力で「グリーン水素」を製造するシステムが稼働

東電HD・山梨県ら、再エネ電力で「グリーン水素」を製造するシステムが稼働

画像はイメージです

山梨県、東京電力ホールディングス(東京電力HD/東京都千代田区)など4者は6月7日、再生可能エネルギーの電力でグリーン水素を製造するプロジェクト「H2-YES」(エイチ・ツー・イエス)において、水素を製造・貯蔵する「Power to Gas(P2G)システム」の試運転を開始したと発表した。

水素の製造と貯蔵等に関する試験調整を行いつつ、山梨県内の工場やスーパーマーケットへ水素を輸送し利用する一貫したシステムにより、社会実証試験を全国に先駆けて開始する。今回の試運転は2021年秋頃までを予定している。

今後は、段階的に水素の製造量を増加させ、年内を目途に、

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 76 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.