> > 関西電力など、エネファームと家庭用蓄電池を群制御するVPP実証を開始

関西電力など、エネファームと家庭用蓄電池を群制御するVPP実証を開始

実証システムのイメージ(出所:関西電力)

関西電力(大阪府大阪市)と東京ガス(東京都港区)は6月7日、一般家庭に設置する家庭用燃料電池「エネファーム」と、家庭用蓄電池を活用したバーチャルパワープラント(VPP)実証を開始した。

この実証では、全国で最大3,000台規模のエネファームと、首都圏で最大10台規模の家庭用蓄電池を、顧客のインターネット回線に依存しない直接通信によって群制御するシステムの各種技術検証を実施する。電力需給バランスの調整等、電力市場での活用を目指す。実証期間は2021年6月7日~2022年2月17日(予定)。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 74 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.