> > オムロンのマルチ蓄電PF、小規模世帯向け6.5kWh蓄電池を追加

オムロンのマルチ蓄電PF、小規模世帯向け6.5kWh蓄電池を追加

(左から)蓄電池ユニット「KP-BU65B-S」、全負荷用分電盤「KP-DB75」(出所:オムロン ソーシアルソリューションズ)

オムロン ソーシアルソリューションズ(東京都港区)は6月10日、マルチ蓄電プラットフォーム「KPBP-Aシリーズ」のラインナップに、小規模世帯向けに6.5kWhの蓄電池ユニット「KP-BU65B-S」を追加し、9月末から発売すると発表した。

マルチ蓄電プラットフォームは、マルチ蓄電パワーコンディショナ「KPBP-A」を中心に、機器の組み合せにより多様なシステムを実現するという。今回新たに開発した6.5kWhの蓄電池ユニットは、家庭での利用電力が比較的少ない、2~3人の世帯で数日間の最低限のライフラインが確保できる容量だという。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 71 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.