> > 日本製鉄、欧州北海のCCSプロジェクトに高合金シームレス油井管が採用

日本製鉄、欧州北海のCCSプロジェクトに高合金シームレス油井管が採用

(出所:日本製鉄)

日本製鉄(東京都千代田区)は7月20日、同社の高合金シームレス油井管が、Equinor 社(エクイノール/ノルウェー王国)が欧州北海で主導するCCSプロジェクトNorthern Lights JV(ノーサーン ライツ ジョイントベンチャー)に採用されたと発表した。供給開始は10月を予定。採用本数は約120本(1,390メートル)。

同JVは、ノルウェーの都市部や周辺国の工場で発生する排ガスから回収したCO2を、100km沖合の中間貯蔵基地までパイプラインで運搬した後、海底下2600mにある貯留層に圧入するサービスの事業化を目指している。CO2を海底下へ圧入する際、液化した高濃度CO2を注入するため、使用する鋼管には高い耐食性が求められる。同社が開発した高合金油井管は、これまで世界各地の石油・天然ガス開発に採用されており、この分野の世界トップシェアを持つという。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 61 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.