住友商事、豪州アルミナ精製工場で水素製造・活用へ リオティントと協働

  • 印刷
  • 共有

住友商事(東京都千代田区)と資源大手のリオティント(イギリス、オーストラリア)とは8月24日、住友商事がオーストラリアのクイーンズランド州グラッドストンで推進するグリーン水素製造プロジェクトにおいて、リオティントのヤーワン・アルミナ(酸化アルミニウム)精製工場に水素の試験製造プラントを建設し、同工場での水素活用について検討するパートナーシップを締結したと発表した。

同プロジェクトは計画通り進捗した場合、同試験プラントから製造される水素は、住友商事のグラッドストンにおける水素エコシステム構想に向けて供給される。なお、同プロジェクトは、「グラッドストンを将来のクリーン水素ハブとして確立する」とのオーストラリア政府とクイーンズランド州政府の政策方針に合致しており、これを推進するもの。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報