> > ホンダら4社、二輪・小型EV用交換式バッテリーコンソーシアム設立へ合意書

ホンダら4社、二輪・小型EV用交換式バッテリーコンソーシアム設立へ合意書

ピアッジオグループ(東京都港区)は9月13日、本田技研工業(東京都港区)、KTM AG(オーストラリア)、ヤマハ発動機(静岡県磐田市)と4社で、二輪車・小型電気自動車用交換式バッテリーコンソーシアム(SBMC)設立に向けた合意書を正式に締結したと発表した。

同コンソーシアムの主な目的は、航続距離や充電時間、インフラ、コストなど、エレクトロモビリティの未来についてユーザーが抱く懸念に対し解決策を見出すこと。具体的には、「交換式バッテリーシステムの共通技術仕様の策定」、「バッテリーシステムの共通使用の確認」、「欧州および国際的な標準化団体におけるコンソーシアム共通仕様の標準化および推進」、「コンソーシアム共通仕様の適用を世界レベルに拡大」の4つの目標を掲げている。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 42 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.