国内初の水素専焼発電所、22年3月に営業運転開始へ 山梨県で起工式

  • 印刷
  • 共有
起工式の様子(出所:イーレックス)
起工式の様子(出所:イーレックス)

イーレックス(東京都中央区)は9月16日、山梨県富士吉田市で建設を進める国内初の水素専焼発電所(発電容量360kW、連携出力・最大350kW)の起工式を開催したと発表した。2021年11月着工、2022年3月の営業運転開始を目指す。

同水素専焼発電所は、Hydrogen Technology(東京都中央区)の水素の供給・保守技術とイーレックスの発電所運転、電力小売の知見を組み合せ、安定的に水素専焼で発電を行い、電力小売りで活用するプロジェクト。4月に計画を発表した。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報