> > リコー、冷凍庫でも使える電池レス・配線レスの新たな環境センサー発売 

リコー、冷凍庫でも使える電池レス・配線レスの新たな環境センサー発売 

RICOH EH 環境センサーD201(出所:リコー)

リコー(東京都大田区)は9月28日、屋内の温度・湿度・照度・気圧といった環境情報を電池交換・配線不要で取得できる環境センシングデバイスの新製品「RICOH EH環境センサーD201/D202」を10月中旬に発売すると発表した。冷凍・高温・高湿度環境でも使用が可能になり、食品加工業や製造業の製造現場、小売業の店頭などで利用できる。

従来品から発電量を20%向上させた最新の固体型色素増感太陽電池モジュール「RICOH EH DSSCシリーズ」を搭載。また、前身機である「RICOH EH環境センサーD101」と比べ、マイナス30℃~60℃Cの温度領域での動作が可能になったほか、外装カバー変更により「D202」には防水・防塵機能を備えることで「利用可能なシーンが大きく広がった」(同社)という。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 52 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.