日本郵船、バイオ燃料で試験航行 印・鉄鋼メーカーと脱炭素化へ協力

  • 印刷
  • 共有
(出所:日本郵船)
(出所:日本郵船)

日本郵船(東京都千代田区)は11月22日、同社が所有し、同社グループのタタNYK社が運航するばら積み船「FRONTIER SKY(総トン数:93,182トン)」が、インドの大手鉄鋼メーカーであるタタ製鉄社向けの貨物輸送で、バイオ燃料を使用した試験航行を実施したと発表した。

日本郵船グループによるバイオ燃料での試験航行実施は、6月に続き今回が3回目。今回の試験航行は、サプライチェーンにおける海上輸送での脱炭素化を目指すタタ製鉄社と、バイオ燃料での過去2回の船舶の試験航行を通じ、その安全性とGHG削減効果などをさらに検証したい同社の目的が合致して実現したという。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報