日本製鉄、電炉の商業運転を瀬戸内製鉄所で開始 高級鋼を生産

  • 印刷
  • 共有
大型電炉での高級鋼製造(出所:日本製鉄)
大型電炉での高級鋼製造(出所:日本製鉄)

日本製鉄(東京都千代田区)は10月から、瀬戸内製鉄所広畑地区(兵庫県姫路市)に新設した電炉による商業運転を開始した。同電炉の稼働により、世界初となる、電炉一貫でのハイグレード電磁鋼板の製造・供給が可能になったという。

同社は同設備で得られた知見も踏まえ、カーボンニュートラル技術である大型電炉での高級鋼製造技術の開発を推進する考え。また、同社は今回の同電炉稼働について、2023年度上期に予定している鉄鋼製造プロセスにおけるCO排出量削減効果を活用した「NSCarbolex(TM) Neutral」販売開始に向けた大きな前進になるとしている。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報