日本郵船とJERA、燃料アンモニア輸送で協業 大規模輸送実現へ 

  • 印刷
  • 共有
アンモニア燃料アンモニア輸送船のイメージ(出所:日本郵船)
アンモニア燃料アンモニア輸送船のイメージ(出所:日本郵船)

日本郵船(東京都千代田区)とJERA(同・中央区)は11月21日、燃料アンモニア輸送に向けた協業覚書を締結した。発電燃料として利用される大規模なアンモニアを低コストで調達するためには、輸送船舶の大型化が求められる。両社は覚書に基づき、今後、大型アンモニア輸送船の開発や、安全な輸送体制の構築などを共同で検討する。

JERAが2020年代後半から商用運転開始を目指す碧南火力発電所向けをはじめとした燃料アンモニアの輸送を検討する。具体的には以下の4項目について検討を進める。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報