> コラム > ビルの省エネ事例2(地域冷暖房(DHC)) ~赤坂インターシティ~
ビルの省エネ事例集

ビルの省エネ事例2(地域冷暖房(DHC)) ~赤坂インターシティ~

環境ビジネス編集部

記事を保存

オフィス・住宅の複合ビルでの環境対策。緑地を多くすることで醸し出した高級感、地域冷暖房の活用で街区単位での省エネを実現 「赤坂インターシティ」

敷地面積の6割以上を緑地化 ルーバーが演出する高級感

"緑との共生"をコンセプトに、100年後も鮮度の高い都市空間の創造を目指して建設されたのが「赤坂インターシティ」だ。

東京、赤坂・六本木エリアに建設された地上29階、地下3階建ての複合施設で、低層階がオフィス・商業、高層階は賃貸住宅の「ホーマットバイカウント」になっている。周囲はホテルや住宅が混在した閑静な地域のため、敷地面積の6割以上を植栽にこだわった庭園にすることで環境に配慮し、またこれにより低層階と高層階の動線を分離した。

テラコッタルーバー

建物外壁のテラコッタルーバーが太陽光の照射量を制限し、屋内のエネルギー消費を抑える。

庭園は地下駐車場の屋上部分を利用したもので、南側の斜面緑地との一体化を図り、また発泡スチロール製のかさ上げ材で加重の軽減を図るなど、緑地化するための工夫をほどこしている。こうした緑化技術が評価され、第5回屋上・壁面・特殊緑化技術コンクール(主催・都市緑化技術開発機構)で表彰されている。

建物の外壁はマリアテレジアイエローのテラコッタタイルをルーバー状に取り付けることで、建物全体に自然の風合いを強調し、ややもすると周囲に威圧感を与えがちな高層ビルにぬくもりを与え、またそれが高級感を醸し出している。建築デザインは2005年のグッドデザイン賞の建築・環境デザイン部門で受賞している。


  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

ビルの省エネ事例集 バックナンバー

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.