> コラム > LEDと同等の節電効果!?T5蛍光灯
導入決定!LED照明

LEDと同等の節電効果!?T5蛍光灯

環境ビジネス編集部

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

インバーター方式のT5蛍光灯の省エネ効果がいま見直されている。これまでコンビニのショーケースや業務用冷蔵庫などが中心だったが、天井照明に利用すればLEDより低コストで明るさ感を保てるのだ。

環境意識の高まりや電力値上げ対策でLEDやCCFL照明などの省エネ照明が注目されるなか、いま関心を呼んでいるのがT5蛍光灯だ。

「T5」とは蛍光管の太さを示す記号で、直径が15.5㎜のランプのことを指す。ちなみに直径が20㎜になるとT6となり、オフィスなどで一般に利用されている40形蛍光灯ランプは直径32.5㎜でT10だ。

つまりT5蛍光灯はこれまで天井照明として使われてきたランプよりも4割も細い。この蛍光灯のどこに興味を持たれているのかというと、スリムなのに明るさは40形蛍光灯と比べてあまり変わらず、しかも節電効果も高いのだ。

(※全文:1917文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

導入決定!LED照明 バックナンバー

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.