> コラム > FIT価格最強、小形風力発電選びで失敗しないためには

FIT価格最強、小形風力発電選びで失敗しないためには

環境ビジネス編集部

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

再生可能エネルギー固定買取制度における、20kW未満の風力発電の買取価格は55円/kWh(税抜)。初年度(H24年度)の非住宅用太陽光の買取価格40円/kWh(税抜)よりも高くFITの中でも、最も優遇されているともいえる。

小形風車は東日本大震災以降、災害・非常用などとして導入が増え、住宅地などでも見かけることが多くなってきた。しかし、2012年7月の固定価格買取制度開始から2014年5月末までの間、同制度における小形風力発電の新規導入は5件で計2.5kW、認定も14件計17.6kWと非常に少ない、これはなぜなのか?

(※全文:2,018文字 画像:あり 参考リンク:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.