> コラム > 太陽光発電所の建設について、自治体は防災への影響を懸念

太陽光発電所の建設について、自治体は防災への影響を懸念

環境ビジネス編集部

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

太陽光発電所の建設に際し、発電事業者は設備が立地する自治体への届出が義務付けられていない。そのため自治体の対応が後手に回るケースも多々、発生し、各地で要綱の策定や条例化の動きが。

環境関連法令に不案内な事業者が増加

太陽光発電に代表される再生可能エネルギーは地域の分散電源として、エネルギーの地産地消をうながし、エネルギー自給率を高める役割を担う。しかし、メガソーラー等の大型発電設備は周囲の自然や環境、資源に対し損失を与えるリスクも抱えている。

(※全文:1,849文字 画像:なし 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.