> コラム > 2,000kW未満の木質バイオマス発電を優遇

2,000kW未満の木質バイオマス発電を優遇

環境ビジネス編集部

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

経済産業省は、2月13日に開催した第18回調達価格等算定委員会で、固定買取価格制度(FIT)の2015年度買取価格において、出力2,000kW未満の小規模な木質バイオマスについて新たな区分を設けて優遇する方針を決定した。

コスト負担に配慮 地域導入を支援

現在、離島や山脈に囲まれている地域等の条件不利地で、小規模な木質バイオマス発電への機運が高まっている。小規模な木質バイオマス発電は、地域に賦存する資源を活用することができ、事業の実施により農山村の活性化など多様な効果が期待される。

(※全文:1,275文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.