> コラム > ソーラーシンギュラリティの時代 グリッドパリティのその先へ

ソーラーシンギュラリティの時代 グリッドパリティのその先へ

環境ビジネス編集部

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

「ソーラーシンギュラリティ」とはアメリカの作家、弁護士であるタム・ハント氏が唱える考え方。太陽光が著しく世界に普及することで、太陽光だけでなく蓄電池をはじめ電気自動車、自動運転などが密接に結びつき、世界規模でエネルギーシステムの変革が起こることを意味している。

具体的には、グリッドパリティやストレージパリティが世界的規模で達成しているような社会で、太陽光エネルギーを中心とした街が構築される。

(※全文:1224文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

 印刷 記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.