PV×農業がつくる新事業

ソーラーシェアリングの実践に向けて

これまで3回にわたり、注目が集まるソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)の意義や特性・事業性について、千葉エコ・エネルギーの馬上丈司氏に解説いただいてきた本連載。最終回となる今回は、実践に向けて外せないポイントをまとめていただいた。

「農業振興のための発電」を大前提に

連載最終回となる今回は、ソーラーシェアリングの設備設計・作物選定からファイナンスなど、その実践に向けて必要となる重要事項を整理して取り上げていきたい。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報