TOKYO2020 国際都市環境整備

ダイバーシティへ、2020年に向けた東京の街づくりの取り組み

  • 印刷
  • 共有

ユニバーサルデザインの先進都市東京の実現に向けて

2020の大会開催のための都市づくりにとどまらず、その先を見据え、東京に暮らし東京を訪れるすべての人が、安全、安心、快適に過ごすことができる、世界に誇れるユニバーサルデザインの先進都市を目指して街づくりが進んでいる。

世界中の国際都市に比べ、人口減少と超高齢化が最も早く進む東京。その東京が活力を維持し、持続的な成長を遂げるために、障害の有無や年齢、性別、言語などに関わらず、誰もが生き生きと暮らし、活躍できる社会「ダイバーシティ」を築くことが2020年に向けた都市づくりの大テーマである。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報