TOKYO2020 国際都市環境整備

2020年五輪での健康リスクとその対応策

  • 印刷
  • 共有

オリンピックは、世界中のメディア、そして人々が注目している。大会期間の前や最中に、たとえば、なんらかの健康リスクが日本や東京で発生した場合には、これまで以上に大きく報じられ、中にはこれから訪日する選手や観客が日本に来ることを躊躇するようなことにもなりえる。また、対応が悪ければ、日本の評判が悪くなる可能性がある。本稿では、過去のオリンピックの事例から起こりえる健康リスクと求められる対応について概説する。

集団感染のリスク

感染症に関しては、韓国での2018年ピョンチャンオリンピック冬季競技大会においては、警備担当者の間で、ノロウイルスの集団感染があり、国際的に報じられた。実際には、韓国の健康担当機関でのインタビューではそれほど大きな問題ではなかったとのことであった。対応もそれなりにうまくいっていたのであるが、なんとなく大会に水を差すような報道になった。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報