TOKYO2020 国際都市環境整備

2020年オリンピック、東京都が抱えるごみ問題とその解決策

  • 印刷
  • 共有

オリンピック・パラリンピック大会では、その準備の段階から3Rを推進することが方針として定められている。

大会会場などにおいて、資源の有効利用の観点から、日本人のみならず外国人にとってもわかりやすい、ごみ分別ラベルをごみ箱などに提示することで、ごみ分別を促進するとともに、外国人に対しても、ごみ分別の重要性や我が国の3R施策をアピールする機会となることが期待できる。これらを日本の3R施策や廃棄物処理・リサイクル技術をアピールする機会ととらえ、排出者に対するごみ分別やリサイクルに関する情報提供などを積極的に実施することが望ましいとしている。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報