サーキュラー・エコノミー 国内外の最先端ビジネス

オランダ発サーキュラー・エコノミーの取り組み ~ プラごみ回収 ~

  • 印刷
  • 共有

CASE 2
水中泡でごみ回収のThe Great Bubble Barrie

CASE 1は、こちらから。

「プラスチックスープの海」と表現されている海洋プラスチックごみ問題は、2019年6月のG20大阪サミットで日本が議長国として主要議題に取り上げ、経済産業省は5月、国内における「海洋生分解性プラスチック開発・導入普及ロードマップ」を公表した。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報