サーキュラー・エコノミー 国内外の最先端ビジネス

サーキュラー・エコノミー事例紹介 オランダ・官民一体の循環型社会の実現

  • 印刷
  • 共有

オランダ政府は、2030年までに持続可能でない一次原材料(鉱物、化石燃料、金属)の使用を半減することを中期目標にし、2050年までにサーキュラー・エコノミー(循環型経済)を100%実現すると宣言。オランダ・サーキュラー・ホットスポット財団のFreek van Eijk氏に、その背景や現状をうかがった。

オランダ・サーキュラー・ホットスポット財団ディレクター Freek van Eijk氏
オランダ・サーキュラー・ホットスポット財団ディレクター Freek van Eijk氏
Photo by Kiyomi Yui(studio frog)

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報