> コラム > 託送料金の見直しや電気事業の関連制度の整備、方向性を提示
太陽光発電、売電量アップの秘訣

託送料金の見直しや電気事業の関連制度の整備、方向性を提示

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

経済産業省は、6月28日に開催した審議会で、託送料金制度について、一般送配電事業者が効率化によるコスト削減を図り、必要な投資を確保できるようにするために、欧州型のインセンティブを付与する制度とする見直しの方向性(案)を示した。また、新たな電力取引の展開なども踏まえ、電気事業の関連制度についても整備していく考えだ。

(※全文:2857文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

太陽光発電、売電量アップの秘訣 バックナンバー

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.