> コラム > ごみ危機がイタリアを変えた! 分別収集で開発が急がれた生分解性プラ
サーキュラー・エコノミー:グローバルビジネス

ごみ危機がイタリアを変えた! 分別収集で開発が急がれた生分解性プラ

イタリアと聞くと、失礼ながら、ごみが街角に散乱しているイメージがあって、ごみ問題や脱プラ対策(本稿ではプラスチックをプラと表記)が進んでいるとは思えないのではないだろうか。実は90年代初頭、ごみの埋め立て場が満杯となり、ごみ政策の大転換を迫られたイタリアは、国をあげて有機ごみの分別収集をスタートし、ごみの大幅削減に成功。分別収集した有機ごみのコンポスト化やバイオガス化で、世界をリードする。この革命的ともいえるごみ処理の再設計で必須だった有機ごみ専用袋のために、生分解性プラが世界に先駆けて飛躍的に進んだのだ。

ごみを半減させ、生ごみUMIDOは良質コンポストに

イタリアのごみ分別の現場を見たことがあるだろうか。イタリアでは、有機ごみ、いわゆる生ごみが、UMIDOと呼ばれて分別収集されている。都市の集合住宅や企業のオフィス、飲食店などでも、日本のような「紙ごみ」「プラごみ」などの仕分け以外に、「有機ごみ」が分別されている。そのごみ箱の内側に装着されている袋は「生分解性プラ」製だ。

イタリアでは90年代初頭、それまで「すべてのごみ」廃棄に使われてきた埋め立て場がほぼ一斉に満杯となり、ローマやナポリの街角がゴミに埋もれる緊急事態となった。積み上げられるごみ袋の山を目の当たりにして、ごみ処理システムの再設計が急務となった。この時のごみ危機の切迫度は今日地球が抱えるプラごみ危機にも似ている。だが、致命的に異なるのは、そのごみの山が市民の目の前にあったということだろう。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 76 %

この記事の著者

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.