> コラム > 関西電力の新クラウドサービス VPP事業運営を支援するその仕組みとは

関西電力の新クラウドサービス VPP事業運営を支援するその仕組みとは

VPPは今後、付加価値の高いエネルギー・リソース・アグリケーションビジネスになる

経済産業省のVPP実用化に向けての計画(2016年)から数年。再生可能エネルギーの普及を後押しするVPP実証実験は、エネルギー関連企業、自治体、大学など多くの組織・団体が参加、国内で取り組みが加速する。関西電力はVPP運用をサポートする新たなプラットフォーム「K-VIPs」の運用を開始した。

024558-2

関西電力
地域エネルギー本部リソースアグリゲーション事業
推進プロジェクトチーム部長
川口 公一 氏

従来の大型集中型電源に対してVPPは創エネ・蓄電・省エネを促進

太陽光発電や蓄電池、電気自動車などの小規模電源をIoT技術で統合制御することで、あたかも1つの発電所のように機能させる仮想発電所(以下、VPP=バーチャル・パワープラント)への取り組みが加速している。昨今のIoTの進化で、様々な場所に点在する設備や機器を結び、遠隔で管理する自動制御、HEMSやBEMSといったエネルギーマネジメントも可能になったことで、次代の社会を支える新たなエネルギーシステムの構築が可能になると期待が高まる。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 87 %

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.