バイオマス発電、FIT第三者認証スキーム追加へ 第9回WG(後編)

  • 印刷
  • 共有

(前編はこちら

輸入木質バイオマス発電のライフサイクルGHG

前回第8回のバイオマス持続可能WG(前編後編)では、ライフサイクルGHG(温室効果ガス)排出量の基準の検討に先立ち、各バイオマス燃料の排出量の目安を試算するとともに、各工程や排出活動別の排出量の改善がどの程度可能であるのかについて調査する、とされていた。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報