> コラム > ESG、SDGs時代の都市空間の評価指標
環境ビジネス特別セミナー 「グリーンビル・オフィス」の展望

ESG、SDGs時代の都市空間の評価指標

産業構造や社会情勢の変化や気候変動に対応するため、都市空間の見直しが必須だ。これからの街に求められる価値を見える化する評価システムについて、グリーンビルディングジャパン 共同代表理事の平松宏城氏が話した。

“選ばれるまち”の条件

グリーンビルディングジャパンの平松氏は「急速な変化に対応するため、都市空間の見直しは必須となっており、“選ばれるまち”になるためには、QOL(Quality of Life: 生活の質)向上ととESG金融がサポートしている長期的な価値創造がカギとなります」と話す。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 82 %

環境ビジネス特別セミナー 「グリーンビル・オフィス」の展望 バックナンバー

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.