環境×空気 進む技術革新、企業の最前線

回収CO2で安価な航空機燃料/トラック車上でCO2を液化・回収

  • 印刷
  • 共有

「脱炭素社会」への取り組みが世界的に進む中、交通・輸送の分野も例外ではない。シリーズ「環境×空気」。今回は空気中のCO2を回収し安価な航空燃料の普及を目指すオランダの企業と、トラックから排出されるCO2を車上で回収し液化・貯蔵するスイスの大学の取り組みを、岩澤里美氏が紹介する。

回収CO2で安価な飛行機燃料

飛行機のCO2排出量削減は大きな課題だ。11月初めから、ANAホールディングスが定期便にSAF(持続可能な航空燃料。いわゆるバイオジェット燃料)を使い始めた。この導入により、同社では石油由来のジェット燃料よりもCO2排出を90%削減できるという。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報