> コラム > 「少なくとも90%削減」 英国大使館参事官が語る『工業脱炭素戦略』
製造業で加速する脱炭素の流れ

「少なくとも90%削減」 英国大使館参事官が語る『工業脱炭素戦略』

環境ビジネス編集部

英国政府は4月20日、気候変動サミットに先立ち“2035年までに温室効果ガス(GHG)排出量を78%削減(1990年比)する”という新たな目標を発表した。GHGのネットゼロの法制化をはじめ、気候変動対策においてリーダーシップを発揮する英国の脱炭素政策について、駐日英国大使館のスー木下氏に聞いた。

駐日英国大使館 公使参事官

駐日英国大使館 公使参事官
経済・科学・貿易政策・エネルギー政策

気候変動対策をグローバルで普及

米国西部や欧州、カナダを襲う熱波。最高気温が40°Cを超え、観測史上最高を記録した地域もある。一方で、日本では近年、豪雨による被害が相次ぐ。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 91 %

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.