製造業で加速する脱炭素の流れ

みずほリサーチが提言「脱炭素対策は機会獲得の有効手段」 カギは?(後編)

脱炭素への動きが加速する中、2050年カーボンニュートラルを宣言した日本。脱炭素社会の実現へ向け、日本で排出するCO2全体の約35%を排出する製造業の果たす責任と役割は大きい。コンサルタントとして製造業の脱炭素化をどう見ているか、みずほリサーチ&テクノロジーズ・環境エネルギー第2部に取材した。(前編はこちら

2050年には大企業もまち工場も“ゼロ”

製造業の脱炭素を進めるには、再エネの電力調達が1つのカギとなる。そのためには、再エネの電力価格が下がることと、再エネ電力を調達しやすくなることが重要だ。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報