> コラム > 「CO2排出量20%実現へ」環境省の支援を受け脱炭素に取り組む
製造業で加速する脱炭素の流れ

「CO2排出量20%実現へ」環境省の支援を受け脱炭素に取り組む

環境ビジネス編集部

環境省の実施する『中小企業の中長期削減目標に向けた取組可能な対策行動の可視化モデル事業』。2020年度、支援対象として採択された中小企業8社の1つである恩田金属工業(長野県東御市)代表取締役 小林俊明氏に、同社の脱炭素への取り組みや、その狙いについて聞く。

恩田金属工業株式会社 代表取締役

恩田金属工業株式会社 代表取締役

CO2削減ポテンシャル診断を実施

熟練した職人技術と先進の設備で、チタン・ステンレス材などの難加工材をはじめとした金属のプレス加工や金型の設計・制作を行う恩田金属工業。

3年半ほど前に事業承継の形で会社に入った小林俊明氏。社の利益を拡大するため、新規事業・顧客の開拓や購買費の削減などに努めたが、社内だけで完結できる取組みとして注力したのが、固定費の削減だ。当時、

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 86 %

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.