環境用語集 カーボン・オフセット

カーボン・オフセットは、温室効果ガスの排出削減を進めた上で、それでも排出してしまう排出量を、他の場所での削減・吸収活動により埋め合わせる取り組み。

「他の場所での削減・吸収活動」について

「他の場所での削減・吸収活動」の例は以下の通り。

  • 森林の管理・育成などの森づくりにより二酸化炭素の吸収を促す活動
  • バイオマス・風力・水力・太陽光発電など再生可能エネルギーの利用
  • 高効率省エネ機器の導入 など

これらの活動により削減・吸収された温室効果ガスは、一定のルールに基づき定量化することで、『クレジット』として市場で取引できるようになる。カーボン・オフセットをする際にはこのクレジットを購入し、無効化をすることで埋め合わせをする。

環境省「カーボン・オフセット フォーラム」より

環境用語集TOPへ

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報