> > トヨタとヤマハ 電気自動車、電動バイクのサービスで協業開始

トヨタとヤマハ 電気自動車、電動バイクのサービスで協業開始

記事を保存

トヨタ自動車とヤマハ発動機は、次世代モビリティ社会の構築に向け「つながるバイク」サービスの開発などで協業する。

今回の合意は、両社のクルマとバイクが充電インフラを共有し、トヨタのエネルギー管理システムである「トヨタスマートセンター」をつなぐことで統合的な情報インフラの早期構築と、シェアリングなどの新交通システムの確立を目的とするもの。ITサービス分野における両社協業による開発コストの低減も視野に、近く実証実験を始め「つながる」機能を搭載した車両とサービスの商品化を目指す。

具体的には、スマートフォンやWi-Fi通信を活用したカーナビ・テレマティクスサービスをヤマハ製バイクで可能とするほか、充電スタンドの位置情報・満空情報、充電完了通知などを提供する。また、トヨタメディアサービスがEV/PHV向けに販売する充電スタンド「G-Station」など充電インフラの共同利用も実現し、バイク、クルマの双方で共用可能な充電インフラ構築を目指す。

このほか、予約・充電確認/認証・課金などシェアリング情報の配信、診断情報をアップロードし車両メンテナンスに活用するなど、各種「つながる」サービスを提供する。

なお、同事業の一環として、東京モーターショー2011の主催者テーマ事業「スマートモビリティシティ2011」のトヨタブースで、次世代モビリティの提案として「つながる」電動スクーターと電動アシスト自転車のコンセプトモデルを出展する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.