> > 国交省、CO2排出の少ない輸送手段への転換に補助 2次募集開始

国交省、CO2排出の少ない輸送手段への転換に補助 2次募集開始

記事を保存

国土交通省は、温室効果ガスの排出削減による地球温暖化の防止と低炭素型の物流体系の構築を図るため、荷主企業及び物流事業者等、物流に係る関係者によって構成される協議会が実施するモーダルシフト等の取組みを支援する「モーダルシフト等推進事業」(補助事業)の2次募集を開始した。

「モーダルシフト等推進事業」は、物流事業者や荷主企業など、物流に関わる関係者が、CO2排出量の小さい輸送手段へ転換を図った際、必要となった機器導入経費や、運航経費そのものなどに対して補助を行う事業。

補助対象となる経費の例として、「貨物自動車による陸上輸送から、鉄道や海上輸送などに転換した場合に発生する運行経費」や、「輸送の集約化に必要となった車両・輸送機材、荷役機器及び情報機器等の導入に要する経費」などが挙げられている。

補助率は対象経費の1/2、または1000万円。2次募集の応募期間は10月1日までとなっており、平成24年7月以降の輸送から平成25年2月末までの輸送に係る運行経費や同期間に導入する機器等に係る経費に対し交付される。補助対象事業者の認定は、11月上旬を予定。

参考:国土交通省 - モーダルシフト等推進事業

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.