> > オムロン、屋根貸し普及を想定したパワコンを発売 単独運転防止技術搭載

オムロン、屋根貸し普及を想定したパワコンを発売 単独運転防止技術搭載

 印刷 記事を保存

オムロンは、戸建や集合住宅向け、再生可能エネルギーの固定価格買取制度にも対応可能な屋外設置型パワーコンディショナとして、11月に「KP55M-J4:5.5kWタイプ」、12月に「KP44M-J4:4.4kWタイプ」を発売する。

同製品は、戸建向けの太陽光発電システムに加え、集合住宅や公共・産業用の小規模太陽光発電システムにも適した屋外設置型のパワーコンディショナ「KP□Mシリーズ」の新製品。買取制度により伸びが期待される集合住宅や多店舗などでの発電容量50kW未満の小型太陽光発電システムに最適なラインアップとなっている。

パワーコンディショナと合わせて、オプションの操作ユニット「KP-SW1」も11月に発売する。販売目標は、3年間累計で「KP55M-J4」15万台「KP44M-J4」10万台「KP-SW1」10万台。

■KP□Mシリーズの買取制度利用のメリット

【1】独自技術の「AICOT®」を搭載しているため、パワーコンディショナの設置の制限を受けず、どこでも太陽光発電システムを設置できる。また、買取制度の手続きに必要な電力会社との連系協議や接続契約の期間が短くなり、短期間での導入が可能。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.