> > オムロン、屋根貸し普及を想定したパワコンを発売 単独運転防止技術搭載

オムロン、屋根貸し普及を想定したパワコンを発売 単独運転防止技術搭載

記事を保存
オムロン、屋根貸し普及を想定したパワコンを発売 単独運転防止技術搭載

オムロンは、戸建や集合住宅向け、再生可能エネルギーの固定価格買取制度にも対応可能な屋外設置型パワーコンディショナとして、11月に「KP55M-J4:5.5kWタイプ」、12月に「KP44M-J4:4.4kWタイプ」を発売する。

同製品は、戸建向けの太陽光発電システムに加え、集合住宅や公共・産業用の小規模太陽光発電システムにも適した屋外設置型のパワーコンディショナ「KP□Mシリーズ」の新製品。買取制度により伸びが期待される集合住宅や多店舗などでの発電容量50kW未満の小型太陽光発電システムに最適なラインアップとなっている。

パワーコンディショナと合わせて、オプションの操作ユニット「KP-SW1」も11月に発売する。販売目標は、3年間累計で「KP55M-J4」15万台「KP44M-J4」10万台「KP-SW1」10万台。

■KP□Mシリーズの買取制度利用のメリット

【1】独自技術の「AICOT®」を搭載しているため、パワーコンディショナの設置の制限を受けず、どこでも太陽光発電システムを設置できる。また、買取制度の手続きに必要な電力会社との連系協議や接続契約の期間が短くなり、短期間での導入が可能。

【2】これまで小中規模の産業用太陽光発電システムで主流となっている三相10kW公共・産業用パワーコンディショナに比べ、トランスの設置が不要となるためシステムコストが削減できる。

【3】KP55M(5.5kW)を9台並列に接続することで50kW未満の太陽光発電システムに利用可能。50kW未満のシステムであれば低圧連系となり、50kW以上の高圧連系に必要なキュービクルの設置が不要で、電力系統の柱上トランスに直接連系が可能となる。

【4】KP44M(4.4kW),KP55M(5.5kW)のラインアップにより、集合住宅では太陽光発電普及拡大センター(J-PEC)の補助金利用の余剰買取、もしくは全量買取の選択が可能。集合住宅向けには10kW前後の太陽光システムが主流となるが、J-PECの補助金を活用する場合は10kW未満が条件のため、4.4kW+5.5kWの9.9kWのシステム構成、全量を売電する場合は10kW以上が条件のため、5.5kW+5.5kWの11kWのシステム構成が可能。

■機能の特徴

【1】自然空冷方式を採用。静音設計・ファンレスによりメンテナンスフリー
従来、5.5kW以上のパワーコンディショナは強制空冷方式が主流で外部に露出するファンが搭載されていたが、ファンの騒音や塵埃などの影響で保守メンテナンスが必要となるなどの課題があった。同シリーズは、自然空冷方式で外部ファンレスのため音が気にならず、しかもメンテナンスフリー。

【2】接続箱機能内蔵で、設置コストを削減
従来の屋内設置型パワーコンディショナを太陽電池モジュールに接続する場合、集線接続するために太陽電池モジュールとパワーコンディショナの間に接続箱を設置する必要があったが、同シリーズは、本体に接続箱機能を内蔵したため、接続箱の設置が不要で設置性が向上し、設置コスト削減に貢献する。

【3】本体に表示部・操作スイッチを装備、オプションで操作表示ユニットを選択可能
従来の屋外設置型パワーコンディショナは、本体に表示部や操作スイッチがないため、屋内設置型の操作表示ユニットとセット利用が基本で、集合住宅への設置では、操作表示ユニットを収めるための収納箱が必要だった。同シリーズは、本体に表示と操作スイッチを装備し、集合住宅への設置には本体のみでの設置が可能。また、オプションで操作ユニットがあり、戸建住宅への設置では従来どおり屋内からの動作状況確認や操作が可能。パワーコンディショナの動作状況に加え、運転のON/OFFや、停電時の自立運転の切替が屋内からも可能になる。

参考:太陽光発電システムの普及を決めるパワコン技術 【PR】

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.