> > 太陽光・木質ペレットへ市民出資約2.5億円、「地域MEGAおひさまファンド」

太陽光・木質ペレットへ市民出資約2.5億円、「地域MEGAおひさまファンド」

 印刷 記事を保存

おひさま進歩エネルギーは、太陽光発電設備とペレットストーブの導入を目的に、8月に募集を開始した市民出資ファンド「地域MEGAおひさまファンド」について、募集3カ月間で250名より合計約2.5億円の出資を得たと発表した。

同社は、市民の出資による「おひさまファンド」を通じて、太陽光、風力発電、森林資源など地域のエネルギーを活用した自然エネルギー事業を実現し、温暖化防止と地産地消の循環型の地域づくりを行うことを目指している。2012年まで5年連続で市民出資ファンドを活用した事業を実施している。

「地域MEGAおひさまファンド」は、固定価格買取制度の施行に伴い、各地と連携した新たな取り組みとして、7月30日より募集を開始した。同社によって6つ目の太陽光発電関連ファンドとなる。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.