> > エルナー、福島県で遊休地・工場屋根を活用しメガソーラー事業に参入

エルナー、福島県で遊休地・工場屋根を活用しメガソーラー事業に参入

記事を保存

電子部品メーカーのエルナーは、太陽光発電事業に参入すると発表した。福島県西白河郡西郷村において、同社白河工場の遊休地および工場建屋の屋上を利用しメガソーラー(大規模太陽光発電所)を建設する。発電能力は約2,000kW、総投資額は約5.5億円。平成25年3月までに電力会社への申込みおよび経済産業省への申請を完了し、平成25年秋に売電を開始する予定。

10月31日に開催された取締役会で、再生可能エネルギー固定価格買取制度が導入されたことに伴い、本事業の実施を決定した。本事業への参入により、保有資産の有効活用に図ると共に、わが国の喫緊の課題である再生可能エネルギーの普及促進に貢献する。事業運営は、エルナー100%子会社が行う。詳細は今後決定する。本事業による年間発電量は、約2,00万kWh、これによるCO2削減量は年間630トンを見込む。

また、本事業は、東日本大震災特定被災区域向け「平成24年度再生可能エネルギー発電設備等導入促進支援対策事業対策費補助金」の交付が決定している(共同申請者:JA三井リース)。この補助金は、被災地における再生可能エネルギー発電設備の導入に対して補助金を交付するもので、東日本大震災後の電力供給不足への懸念への対応と、被災地の再生可能エネルギーを中核とした雇用創出と関連産業の活性化を図ることを目的としている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.