> > ソフトバンク、「アジアスーパーグリッド」構想始動、モンゴルに自然エネ発電開発会社設立

ソフトバンク、「アジアスーパーグリッド」構想始動、モンゴルに自然エネ発電開発会社設立

 印刷 記事を保存

ソフトバンクグループのSBエナジーは、モンゴルの投資会社ニューコム(Newcom LLC)と共同で、モンゴルにおける自然エネルギー発電の探査会社として「Clean Energy Asia LLC」(モンゴル国ウランバートル市)を設立したと発表した。

Clean Energy Asia LLCの設立日は11月13日、資本金は400万米ドル。出資比率はSBエナジー49%、ニューコム51%。新会社では、風況や日照条件などが良いゴビ砂漠において、同社が利用できる土地(22万4,000ha)の権利を活用し、風力や太陽光などの自然エネルギー発電所の建設に向けて、風況や日照量を調査し事業の可能性について検討するフィージビリティ・スタディを行う。

22万4,000haは、ほぼ東京都の面積(21万8,758ha)に匹敵する。また、この土地だけにとどまらず、新たに自然エネルギー発電に適した土地の選定も行う予定。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.