> > 埼玉県のレイクタウンにWAONカードで使える電気自動車の充電サービス

埼玉県のレイクタウンにWAONカードで使える電気自動車の充電サービス

記事を保存
埼玉県のレイクタウンにWAONカードで使える電気自動車の充電サービス

NECは、イオンが導入する電気自動車(EV)プラグインハイブリッド自動車(PHEV)への「EV充電サービス」向けに、クラウドサービスを提供する。電子マネーカードを活用した充電サービスは国内で初めて。

イオンは11月16日より埼玉県越谷市の「イオンレイクタウンmori」で電子マネーWAONへの利用者登録を開始。2月1日にはEV充電サービスをスタートし、順次全国へ拡大する。

NECはイオンに「EV/PHEV向け充電クラウドサービス」「急速充電器」「普通充電器」「充電コントローラ(充電器の運用管理)」を提供。充電器をNECのクラウドにネットワーク接続することで、充電器利用者の認証や充電ログの収集管理、充電器の利用状況や故障情報のWebやカーナビへの情報提供などのサービスを行う。

今年8月に発表した「イオンのecoプロジェクト」の一環として、イオンはEVなど低炭素型モビリティの導入や普及を推進している。現在、すでにイオンが全国25箇所に設置しているEVの充電ステーションでは、インターホンによる管理者への連絡や暗証番号の入力など、充電器ごとに異なる認証方法での運用となっている。

今回、イオングループにおいて総合ファシリティマネジメントサービス事業を運営するイオンディライトとNECが構築したEV充電サービスにより、利用者は、あらかじめ登録したWAONカードをマルチサービスリーダライターにかざすだけで会員認証が可能となり、より手軽に充電サービスを利用できるようになる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.