> > 英国の島しょ部で蓄エネの実証実験 コンテナ型蓄電システムを導入

英国の島しょ部で蓄エネの実証実験 コンテナ型蓄電システムを導入

 印刷 記事を保存

三菱重工業は、英国の電力大手SSEと共同で、再生可能エネルギーの比率が高い英国オークニー諸島の電力ネットワークで蓄電システムの実証試験に取り組むと発表した。本実証試験では、リチウムイオン電池を搭載した最大出力2MWのコンテナ型大容量蓄電システムを導入し、同地域の電力安定化の検証を行う。稼働開始は2013年初めの予定。

本蓄電システムは、オークニー諸島のカークウォールにあるSSEグループのScottish Hydro Electric Power Distribution plc(SHEPD)の発電所に設置する。同島では電力を波力、潮力および風力による発電でほぼ賄っており、過不足分は海底ケーブルを介して英国本土とやりとりしている。ケーブルの送電容量超過分を蓄電し、ケーブル容量に余裕のあるときに送電する計画。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.