> > 英国の島しょ部で蓄エネの実証実験 コンテナ型蓄電システムを導入

英国の島しょ部で蓄エネの実証実験 コンテナ型蓄電システムを導入

記事を保存
英国の島しょ部で蓄エネの実証実験 コンテナ型蓄電システムを導入

三菱重工業は、英国の電力大手SSEと共同で、再生可能エネルギーの比率が高い英国オークニー諸島の電力ネットワークで蓄電システムの実証試験に取り組むと発表した。本実証試験では、リチウムイオン電池を搭載した最大出力2MWのコンテナ型大容量蓄電システムを導入し、同地域の電力安定化の検証を行う。稼働開始は2013年初めの予定。

本蓄電システムは、オークニー諸島のカークウォールにあるSSEグループのScottish Hydro Electric Power Distribution plc(SHEPD)の発電所に設置する。同島では電力を波力、潮力および風力による発電でほぼ賄っており、過不足分は海底ケーブルを介して英国本土とやりとりしている。ケーブルの送電容量超過分を蓄電し、ケーブル容量に余裕のあるときに送電する計画。

蓄電システムの蓄電容量は約800kWh(通常使用範囲500kWh)。同社のリチウムイオン電池を2,000個以上収めた40フィート(長さ約12m)のコンテナ2個と、電力の入出力を行うための直流/交流変換機能を果たすパワーコンディショナーを搭載した40フィートコンテナ1個で構成する。

今回の実証事業はNEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)の「安全・低コスト大規模蓄電システム技術開発」による支援を受けて取り組むもの。三菱重工業の欧州における原動機事業統括会社であるMPSE(Mitsubishi Power Systems Europe, Ltd.)とSSEグループの発電部門であるSSE Generation Ltd.が共同で、スコットランドエリアの電力供給を担当しているSSEグループのSHEPDに、蓄電サービスを提供する方式をとる。

三菱重工は2010年7月にSSE(当時はScottish and Southern Energy plc)と、低炭素エネルギーの開発に向けて協力していくことで合意。洋上風力発電設備や、CO2の回収・貯留(CCS)、高効率発電など幅広い協業について検討しており、今回のリチウムイオン電池による蓄電実証事業もその一環。両社はさらに関係を強化することにより、低炭素社会づくりという重要テーマに対して世界をリードしていく考えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.