> > 三菱自、南カリフォルニア大のスマートグリッド実証試験にi-MiEVを提供

三菱自、南カリフォルニア大のスマートグリッド実証試験にi-MiEVを提供

記事を保存
三菱自、南カリフォルニア大のスマートグリッド実証試験にi-MiEVを提供

三菱自動車の米国における製造・販売会社 ミツビシ・モーターズ・ノース・アメリカ・インク(MMNA)は、南カリフォルニア大学が行うスマートグリッド実証試験を支援することを発表した。

同実証試験では、電気自動車(EV)の普及に必要なインフラの開発や整備を目的としており、人口5~6万人の都市でのEVの利用を想定し、2年間にわたり様々な状況下での使用実態の調査を行う。

MMNAは、同プロジェクトの試験車両として12台のEV「i-MiEV(アイ・ミーブ)」を提供するとともに、240V充電器の提供やEVのリーディングメーカーとして培ってきたノウハウを教授するなど、プロジェクト全体を通して同大を支援する。

三菱自動車は、40年以上のEVの研究開発の実績があり、他社に先駆け量産型EVの販売を行った自動車メーカーとして、これまで約30千台のEVを国内外に供給している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.