> > 山梨県の自社工場敷地内にメガソーラー 富士電機が太陽光発電事業へ参入

山梨県の自社工場敷地内にメガソーラー 富士電機が太陽光発電事業へ参入

記事を保存

富士電機は、同社工場敷地内(山梨県南アルプス市)にメガソーラー発電施設を建設し、太陽光発電事業に参入することを発表した。

発電施設は、富士電機の100%子会社である富士グリーンパワーが事業主となり、富士電機がEPCで建設し、発電した電力は固定価格買取制度に基づき、発電分全量を東京電力へ売電する。合計出力は2MW。2013年4月に稼働予定。

同発電施設には、同社の最新パワーエレクトロニクス製品を適用。製品の技術・品質評価や設備建設、施工技術の実証の場として活用して技術力の強化を図り、発電設備の設計・調達・施工までトータルで行うEPC事業を拡大していきたい考えだ。

再生可能エネルギーの固定価格買取制度の開始以降、太陽光発電をはじめとする再生可能エネルギーの国内需要は急激に増加している。富士電機は、経営方針に「エネルギー関連事業」の拡大を掲げ、メガソーラーにおいても、パワーコンディショナーなど高効率のパワーエレクトロニクス機器を中心に事業展開を進める。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.