> > 三菱自、新型プラグインハイブリッド車 アウトランダーPHEVを発売

三菱自、新型プラグインハイブリッド車 アウトランダーPHEVを発売

記事を保存
三菱自、新型プラグインハイブリッド車 アウトランダーPHEVを発売

三菱自動車は、EV派生型のプラグインハイブリッドEVシステムを搭載した新型「アウトランダーPHEV」を2013年1月24日に発売する。価格は、332万4000円~429万7000円。エコカー減税及び平成24年度クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金(上限額43万円)の対象車で、補助金が適用された場合の実質的な車両本体価格は289万4000円~。

「アウトランダーPHEV」は、i-MiEVのEV技術、ランサーエボリューションの4WD技術、パジェロで築いたSUVのノウハウを結集した、自分で発電する電気自動車(EV)で、SUVタイプとして世界初のプラグインハイブリッド車(PHEV)。特長として以下のようなものがある。

日常は環境に優しいEV走行、遠出はモーター主体のハイブリッド走行

  • 充電電力使用時走行距離は60.2km(JC08モード)、日常生活はほぼEVとして使用可能。エンジン車と同等の航続可能距離(JC08モードで897km)を確保し、長距離移動やアウトドアレジャーなどSUV本来の用途にも適している。
  • 走行状況やバッテリー残量に応じて、最適な走行モードを自動で選択できる。外部充電による電力の積極的な活用、効率の高い領域でのエンジン運転、減速時のエネルギー回収などによりガソリンの消費を極力抑えて、プラグインハイブリッド燃料消費率67.0km/L(JC08モード)、ハイブリッド燃料消費率18.6km/L(JC08モード)を達成。
三菱自動車「アウトランダーPHEV」エネルギーフロー表示機能 - 環境ビジネスオンライン

大容量バッテリー搭載によるユニークな機能

  • 車載コンセントから交流100Vを最大1500Wまで出力でき、アウトドアレジャーや非常時において、各種家電製品等へ電力を供給することができる。目安として、バッテリーのみで一般家庭の電力消費量の約1日分相当、エンジン発電を含めると最大で約10日分相当の電力供給が可能。
  • スイッチ操作によりエンジンで発電し、停車中・走行中に電力を蓄えることができる「バッテリーチャージモード」(停車中の場合、約40分で約80%まで充電可能)や、蓄えた電力を保持したまま走行する「バッテリーセーブモード」を備えている。蓄えた電力は、移動先でのEV走行モードで使用したり、給電機能で活用できる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.