> > レオパレス21、福島でアパート67棟の屋根で仮想型メガソーラー、実証事業を始動

レオパレス21、福島でアパート67棟の屋根で仮想型メガソーラー、実証事業を始動

記事を保存
レオパレス21、福島でアパート67棟の屋根で仮想型メガソーラー、実証事業を始動

レオパレス21は、「屋根貸しモデル」の活用により福島県内のアパート67棟の屋根に太陽光発電システムを設置し、約400世帯分の電力を供給する約1.2MWの仮想メガソーラーを構築すると発表した。2月より順次施工を開始する予定。構築した仮想メガソーラーは富士通との共同実証により、発電量、日射量、温度などの情報を一元管理し、今後の太陽光発電の普及に生かしていく計画だ。

本実証事業は、2社が共同で申請した「ICT技術を活用した仮想型太陽光発電所の実証検証」が、一般社団法人太陽光発電協会の「平成24年度住宅用太陽光発電高度普及促進復興対策事業(福島実証モデル事業)」として採択されたことにより実施するもの。

本事業は、「再生可能エネルギーの先駆けの地」の実現を目指す福島県において、太陽光発電の新たな普及モデルとなり得る先進的な事業を実施し有効性を検証することにより、自律的に太陽光発電の普及が促される仕組みづくりを進めていくことを目的としている。本実証事業の期間は2014年2月までの約一年間。

本実証事業は3つの柱からなる。ひとつめは屋根借り事業。同社の発電事業子会社であるレオパレス・パワーが、アパートオーナーの協力のもと、レオパレス21管理物件の屋根を借り、賃貸料をアパートオーナーに支払う。各屋根には出力10kW~35kWの太陽光発電パネルが設置され、再生可能エネルギーの固定価格買取制度により発電量全てが電力会社へ売却される。

二つ目は情報収集。各棟の発電量、日射量、温度は富士通のデータセンターへ送られ一元管理される。情報を分析することで、太陽光発電量や発電条件の見える化を図り、今後の太陽光発電の普及に役立てる。

三つ目は実証実験で、「影による発電量への影響」「方角および傾斜角による発電量への影響」「太陽光パネル設置による断熱効果の検証」などを検証する。

また、各棟からの情報を活用し、太陽光発電の普及促進にむけた情報ポータルサイトの開発を行う。この取り組みでは、地図上に太陽光発電システムが導入されたアパートをマッピングし、各アパートから収集された発電容量、発電量、日射量や温度などの情報をソーラーマップとして構築、一般公開することで、太陽光発電情報を可視化する。これにより、近隣に住む地域住民に対して太陽光発電の優位性をアピールし、太陽光発電普及を後押しする。

レオパレス21 ソーラーマップのイメージ図 - 環境ビジネスオンライン

ソーラーマップのイメージ図

【参考】
富士通とレオパレス21、福島県で仮想型太陽光発電所、ICT技術と屋根貸しを活用(2012/9/7)

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.