> > 東芝、米国で太陽光発電と連携した電気自動車充電システムの実証試験を開始

東芝、米国で太陽光発電と連携した電気自動車充電システムの実証試験を開始

記事を保存

東芝は、米国インディアナ州において、環境配慮型商業施設の構築を目指す「プラグイン・エコシステム(Plug-in Ecosystem)実証試験プロジェクト」として、北米の大手ショッピングセンター「サイモンモール」を展開するサイモン・プロパティ社と、米国大手電力のデューク・エナジー社、伊藤忠商事とともに、2月1日(現地時間)から太陽光発電と連携した電気自動車充電システムの実証試験を開始すると発表した。

今回開始するのは、「サイモンモール」の店舗である「クレイ・テラス」において、太陽光発電で得た電力を定置型蓄電池に蓄電し、電気自動車が充電する際に蓄電池からの放電を優先することで実配電系統の安定化を図る「プラグイン・エコシステム」の商用化に向けた検証で、試験終了は2014年7月を予定している。

実証試験設備の構成は、太陽光発電システム(出力10kW)、定置型蓄電池システム(出力75kw、容量42kwh)、急速充電スタンド(出力50kW)、通常充電スタンド(出力7.2kW)、マイクロEMS(エネルギーマネージメントシステム)。

ショッピングセンター利用客が、ショッピング中に駐車場に設置した充電スタンド(急速充電用1台、通常充電用2台)で電気自動車に充電することにより、再生可能エネルギーの利用拡大と時間の有効活用を実現する。なお、定置型蓄電池システムには東芝製二次電池「SCiBTM」を搭載。太陽光発電システムと定置型蓄電池システムを制御するマイクロEMSも東芝製を採用する。

東芝は、今回の実証試験を通じて、商業施設における蓄電池の充放電性能の評価、マイクロEMSの制御性能などのデータを収集し、その成果をシステムにフィードバックすることで、環境配慮型商業施設を含むスマートコミュニティ事業の展開につなげていく計画だ。

今回の実証実験プロジェクトは、同州インディアナポリス市に拠点を置くNPO法人「エナジー・システムズ・ネットワーク(ESN)」が推進するもの。ESNには、東芝、デューク・エナジー社、伊藤忠などがメンバーとして参画する。ESNはインディアナ州のエネルギー技術部門のプロジェクト開発をはじめ、ESNメンバーによる協業プロジェクトの立ち上げ、企業間コーディネーションを手がけている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.