> > 東芝、住宅用太陽光発電の保証制度を長期化 50kW未満のシステムに対応

東芝、住宅用太陽光発電の保証制度を長期化 50kW未満のシステムに対応

記事を保存

東芝は、住宅用太陽光発電システムの新サービスとして、太陽電池モジュールの出力を最長20年間、太陽電池モジュール・パワーコンディショナ・接続箱などの構成機器を15年間保証する、長期保証制度「パワフル保証」を3月1日から開始する。

本保証は加入申込が必要な有償サービスで、再生可能エネルギーの固定価格買取制度において余剰買取の対象となる設置容量10kW未満のシステムに加え、全量買取の対象となる10kW以上で50kW未満の大容量のシステムにも対応する。

また、2010年4月以降に同社住宅用太陽光発電システムを設置したユーザーも加入することができる。

同社はこれまでシステムの構成機器を10年間保証する「10年保証」制度を提供してきた。「パワフル保証」は、太陽電池モジュールの出力が保証値を下回った場合やシステムを構成する機器が故障した場合に同社が出張・点検修理、機器交換費用を全額負担するサービス。例えば設置容量が5kWで、太陽電池モジュールの出力20年間、機器15年間の保証の場合加入費用は4万2,000円(税込)になる。

太陽電池モジュールの出力については、JIS C 8918の6.(性能)で規定する条件下において、以下の保証値未満になった場合に保証する。

  1. 設置日から10年間の保証値:下限値(公称最大出力の90%)の90%
  2. 10年経過時から15年までの保証値:下限値(公称最大出力の90%)の85%
  3. 15年経過時から20年までの保証値:下限値(公称最大出力の90%)の80%
  4. なお、対象機器は、太陽電池モジュール、パワーコンディショナ、昇圧器、接続箱、同社純正架台に限る。表示器やコミュニケーションユニットは1年間の保証となる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.