> > 大林組、風力発電の適地を計測する新手法の開発に着手

大林組、風力発電の適地を計測する新手法の開発に着手

 印刷 記事を保存

大林組は、山間部などの複雑な地形の中でも安定した発電事業を実現するため、風力発電施設の好適地をピンポイントで計測できる風況予測手法の開発と、複雑な地形における風況データの蓄積を開始したと発表した。2014年3月完了を目標に取り組む。

風力発電は、再生可能エネルギー電力の全量買い取り制度(FIT制度)法がスタートしたことを受けて、従来は事業化が難しいとされてきた立地でも、事業成立の可能性が高くなり、山間部などの複雑な地形に設置するケースが増加すると見込まれている。

(※全文:1,331文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.